So-net無料ブログ作成

就職活動 志望動機 面接対策 [就活]

面接における企業側からの対策方法

tie-690084_640.jpg

面接には綺麗事ばかり並べる学生さんが多くなっております。
もちろんマニュアル通りの学生さんが多くみんな一緒に見えてしまいます。


その中でも、ハキハキ話せる人とそうでない人で別れますね!


さらにハキハキ話せている人の中で台本通りに話している人と自分の想いで話している人に分かれていますね。


まず自分の意見を言えない人は受かりませんでした。


こんなこと企業に入ってからでないとわからないですよね。


面接ではマナーはもちろんですが、それ以前に


①なぜこの会社に入りたいのか。
⇒メイン事業のほかに社会貢献しているから?
では、なぜそれが入社したいと思うポイントがあったのか。
自分の経験と組み合わせて話せたらいいですね。


事細かに考えてみてください。


②入社後自分にこの会社で何ができるのか。
⇒自分は学生時代〇〇をやっていたから、この分野には自信がある。
その会社の弱点を見つけることができれば最高ですね。
浅はかでは面接官にバレてしまうので正直に答えれるように。



まずこれらができますと志望動機になると思います。


そして面接に落ちても落ち込まないでください。


反省することはいいこと!
落ち込んでいると次の面接で暗くなってしまい自分をアピールすることができなくなります。


『落ちたら運がなかった・次々』と考えるようにしてください。


就職活動においていつまでも落ち込んでいると負の連鎖があります。


面接で落ちている人は、自分より全国にたくさんいますよ。


それも自分への試練だと思ってください。


『面接でどこが悪かったのか。』考える方が先です!!


頭が真っ白で何話したか覚えていないという経験は誰でもあります。


筆者も経験があります。


真っ白になったのは2回です。


大手企業の最終面接と大本命の企業です。


両方落ちました。


その時思ったことは何も得て帰ってきたことを悔やみました。


それから、思い出そうとしても全然覚えてません。


これは面接で完敗したため、開き直ってから内定を何社からももらえるようになりました。


経験はとても大切です。


緊張して真っ白になることは経験を増やせばなくなりました。


周りの友人もたくさんなった人がいましたね。


嘘だろうと思ってはいましたが実際に経験してみてわかることでした。


社会人になってから営業部・人事部でもある筆者は自分の想い・言葉・経験はとても大切だと感じました。


どんどん面接で失敗してください。


でも悪かったことを2回繰り返さないようにして、大本命の就職できるように!


みなさんの就職を願っております!
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。